INPP4A?  (450)

 50を過ぎると、花鳥風月に心が動かされる事が多くなりました。大好きなこの季節、クスノキの下を散歩していると、いい香りに包まれます。この大木から何故こんなにいい香りが?よく見るとクスノキが満開・・・・・・

INPP4A?  (450)_f0088231_17451937.jpg


 携帯を眺めていると、脳細胞死滅を抑える酵素判明=神経疾患治療に期待-秋田大など・・・というニュースが流れていました。先日、NTGモデル動物の記事を書きましたが、グルタミン酸は重要な神経伝達物質ですが、細胞内に隔離しておいて、細胞外濃度を低く保たないとその毒性で神経細胞が障害されてしまいます。網膜においては、この細胞外グルタミン酸濃度を低く保つシステムの一つにミュラー細胞のグルタミン酸輸送体GLASTがあり、このGLAST欠損マウスが、NTGモデル動物なのです。今日携帯に流れていたニュースは、細胞内のINPP4A(inositol polyphosphate 4-phosphatase type I )という酵素が、グルタミン酸による脳細胞死を抑制するという発表です。細胞膜を構成するリン脂質をINPP4Aが分解するのですが、この酵素によるリン脂質PI(3,4)P2の分解反応が、グルタミン酸毒性を抑えているという発表です。アルツハイマー・パーキンソンなどの治療にこの酵素の利用が期待されるそうですが、当然、網膜においてはNTGへの治療が期待される?

The PtdIns(3,4)P2 phosphatase INPP4A is a suppressor of excitotoxic neuronal death
タグ:
by takeuchi-ganka | 2010-05-13 17:46 | 緑内障 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30