緑内障ガイドライン(第3版) その2 (586)

フローチャート  Ⅲ眼圧下降治療:方針

f0088231_15435629.jpg ここでは、目標眼圧を設定し、治療を選択し、目標が達成されたら、治療を継続し、視神経所見・視野所見が悪化したら、目標眼圧を変更し、治療も変更すると・・・・・書いてあります。サラっと書いてますが、現実には時間もかかるし、なかなか達成困難な話です。
 目標眼圧は初期だと19以下、中期16以下、後期14以下と書いてありますが、そもそも緑内障の殆どはNTGで、19以下の事が多いので、その対象に対して、そのような目標設定はあまり意味が無い。従って、20%下降や30%下降を目標とするのですが、前回も書いたように、30%の眼圧下降というのは、なかなか達成困難です。
頑張って、2-3種類組み合わせて、20%下降できたとして、次は視神経・視野の評価となります。ベースライン眼圧決めて、最適な点眼の組み合わせが見つかるまで、数ヶ月かかることも稀じゃない。取り敢えず決定された治療で視野がどう動くのか、視神経がどう悪化するのかを見守るのです。と言っても、視野の判定にしてもベースラインを数回測って、その後3ヶ月に一度視野検査したとして、悪化しているのかどうかを判断するのに、1年ぐらいはかかるのです。視野の悪化の有無を何で判断するのでしょうか。一般的にはMDスロープでしょうが、各測定点毎の変化を見る方法もあるでしょう。一般的には、視野検査して、最初の何回かは、学習効果もあり、MDは改善したりするので、最初から悪化していたとしてもマスクされます。従って、1年後、-0.5dB/年だと判断したとしても、現実にはもっと悪いかもしれないと思いつつの判断となります。このMDスロープをどう見るかガイドラインには記載されていません。
最も多いNTGの場合ですが、平均は-0.4~-0.5/年ってところでしょうか。

MDスロープの結果を自分なりに評価してみると・・・・・

+1.0    あり得ない?学習効果?
±0    理想的な経過
-0.1    理想に近い非常に緩徐な悪化
-0.2    非常に緩徐な悪化、許容範囲
-0.3    平均より少し緩やかな悪化速度、許容範囲
-0.4    平均よりわずかに緩やかな悪化速度、まだ許容範囲

-0.5    平均的悪化速度
-0.6    ほぼ平均的悪化速度
-0.7    平均より少し速い悪化速度
-0.8    平均より明らかに速い悪化速度
-0.9    危険な悪化速度
-1.0    かなり危険な悪化速度

こんな感じ?

MDの評価としては、
1 危険領域:-15dB
2 患者さんが不自由度を感じるのは:-20dB
3 社会的失明:-25dB
・・・だと、言われてます。スタート時点でのMD、そして判定された進行速度(MDスロープ)、患者さんの年令・平均余命をみて、死ぬまで安心プラン(私見)を立てられるか判断します。ただ、MDスロープの判定には時間がかかり、-0.5dB/年程度なら数年かかるでしょうか。じっくり焦らずベストな治療を見つけましょう。

例:
1、60歳で極早期、ゆっくり進行なら90歳でもOK (-0.25dB/年なら30年で、0⇒-7.5dB/年)
2、40歳で極早期、普通進行で70歳でもダメ   (-0.5dB/年なら30年で、 0⇒-15dB/年の危険領域)
by takeuchi-ganka | 2012-01-29 15:44 | 緑内障 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30