ドライアイの点眼液の発売記念講演会 その3 (593)

ドライアイの点眼液の発売記念講演会 その3 (593)_f0088231_21434913.jpg

※線状ブレイク

2,涙液動態から考える 横井則彦先生(京都府立医大)
涙液は、メニスカス部分に75-90%存在し、角膜上に拡がる。このメニスカスに隣接して角膜側にブラックラインがあり、ここで、メニスカスの涙と角膜上に拡がる涙が分離されている。ただ、このブラックラインは、涙液膜破綻の危険ゾーンでもある。結膜弛緩・瞼裂斑などで、異所性メニスカスが発生し、盗涙によりSPKが発生し、手術が必要な事もある(らしい・・)。
 ダークスポット:開瞼直後、水層が均一に拡がり、油層も下から上がってくるが、上がってこないか遅れるとdimpleが発生し、丸いダークスポットが出来る(丸ブレイク)。このブレイクは、一旦油層ができてから破綻するものじゃなく、油層が形成される前にできるのでBUT=0秒。
 このブレイクには、丸ブレイク・線状ブレイク・面状ブレイクがある。丸ブレイクを見つけるには、少量のフルオで。『目をあけていられない・・!』の愁訴と関連。線状ブレイクは一旦油層が出来た後の破綻。面状は非常に涙液が少ない場合。 BUT短縮型と重症の涙液分泌減少型トライアイは対極のようだが、症状は似ている。
※不勉強を恥じますが、この丸ブレイクに注目する事が必要なようで、BUTを観察する楽しみが増えました。
Commented by マルベリー 財布 at 2013-06-30 05:13 x
突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
by takeuchi-ganka | 2012-03-13 21:46 | めぐすり | Comments(1)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31