ED治療薬との思わぬ関係  (653)

f0088231_1416667.jpg

※明けの明星@いつもの場所

最近、患者さんに質問されて、『ハット』する事が多い。
ネットの普及で、患者さんの情報収集能力が飛躍的に高まっている。ただ、正しい情報かそうでないかの判断は素人にはなかなか難しく、時に間違った情報で不利益を被っている人も多いと思うのですが、それでも、最近、『ハット』させられる事が多い。
先日、ED患者さんからメール相談があった。そのメールの中に、バイアグラなどのED治療薬が網膜色素変性症患者さんに禁忌だと書いてあり、『ハット』しました。相談の主旨は、緑内障には大丈夫かどうか・・なので、大丈夫だと返事したのですが、網膜色素変性症に禁忌とは、不勉強を恥じつつ驚きました。だいたい眼科に、ED患者さんは受診されないし、受診されていても、そのことを打ち明ける患者さんは皆無なので、勉強したことありませんでした。数人の日頃よく勉強している眼科医も詳しくは知らないと・・。

まず、何故禁忌なのでしょう。バイアグラを販売しているファイザーのHPを覗くと、バイアグラのインタビューフォームの中に
『網膜色素変性症は、学齢期に夜盲で始まり、視野狭窄や視力低下が次第に進行し、失明に至りうる両眼性遺伝性の網膜疾患である。本症は緩徐に進行する網膜視細胞の変性であり、その一部にホスホジエステラーゼタイプ 6(PDE6)のβサブユニット遺伝子異常を有することが知られている。遺伝形式は一様でなく、常染色体劣性遺伝が多いとされているが、優性遺伝、伴性遺伝などの形式もある。また、血族結婚により多く発生すると報告されている。
網膜視細胞には PDE6が分布し、本剤は陰茎海綿体 PDE5に対する阻害作用の約 1/10の効力で、PDE6 の活性を阻害することが認められているため、網膜色素変性症の患者は、臨床試験において除外対象となった。 したがって、これらの患者には禁忌である。』

などと、難しい事が書いてあります。
同系統の薬である『レビトラ』のインタビューフォームのなかには、
『網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる.]
(解説)網膜色素変性症は,先天性進行性夜盲をきたす遺伝性の網膜疾患であり,その患者の一部にPDE6のβサブユニット遺伝子異常を有することが知られており,本剤ではPDE5阻害作用の約1/16 のPDE6 阻害作用が認められている.また,本剤の臨床試験においても本疾患は対象から除外されており,臨床使用経験がないことも勘案し,「禁忌」に設定した.』

もう一つの薬、『シアリス』においては、
『網膜色素変性症は、先天性進行性夜盲症をきたす遺伝性の網膜疾患であり、その患者の一部にPDE6のβサブユニット遺伝子異常を有することが知られている。本剤のPDE6に対する阻害作用はPDE5に対する阻害作用の約1/700であることが確認されているが、わずかながらもPDE6に対する親和性を有しているため、網膜色素変性症の患者は禁忌に設定した。』
 PDE6に対する阻害作用は軽微で(特にバイアグラ以外の2剤)、その阻害作用の強さは、PDE5の1/10~1/700と様々なものの、すべての薬剤が禁忌のままです。要するに、非常に少ない患者さん(網膜色素変性症のなかで、PDEの遺伝的障害を持ち、なおかつEDがあってこの手の内服を必要としている人)に対する安全性を確認することを放棄した結果、よくわからないけど、止めといたら・・という答えになった気がする。最初少し驚いたが、なるほど・・・と落ち着きました。

せっかくなので、視覚異常について。バイアグラの有名な?副作用に視覚異常があるようです。光を感じる最初のステップは、網膜の視細胞に光があたると、難しいメカニズムの後、電気的な信号に変換されますが、そのメカニズムの中身を少し記載すると
網膜に光があたると・・
1,ロドプシンのレチナールの異性化
2,オプシンの構造変化によるロドプシンの活性化
3,G蛋白と結合
4,G蛋白は、α・β・γに分離
5,αがPDEを活性化
6,活性化したPDEがcGMPを分解(濃度減少)
7,cGMP依存的陽イオンチャネルが閉じる
7,視細胞に過分極電位発生
こんな感じです。

視覚異常といっても、『青視感、羞明感』のようなものらしいです。バイアグラを代表とする前述の薬剤はPDE5阻害薬と呼ばれますが、前述の如く、PDEの他のアイソフォームにも作用するようで、弱いですが、網膜視細胞(錐体細胞)にあるPDE6(↑にその働きを記載)にも作用するようで、その為だそうです。レビトラ、シアリスは、PDE6に対する作用が弱く、視覚異常は少ないようです。
PDEという酵素を介して、ED治療薬と眼科に思わぬ関係があることがわかりました。今日の収穫です。
Commented by 45才男性 at 2014-11-12 10:32 x
昨日の夕方に突然目がチカチカ(波のような感じ)して1時間くらいで収まりました。
症状をネットでみたら『閃輝暗点』が引っかかりました。ただネットにあったようなチカチカの後の頭痛は起こりませんでした。

また一ヶ月前の人間ドックでも『両目視神経乳頭陥凹拡大』と診断されて眼科を受診するように言われていました。脳のこともネットには書いてありましたが、45才になる今年は同時に脳ドックも受けて異常無しと言われていました。

今日、眼科を受診するのですが、色々考えるとつい一週間前にバイアグラのような物をお酒の席で飲んだのを思い出し、血液の流れに異常をきたしたのかな?とふと思いました。
Commented by takeuchi-ganka at 2014-11-13 09:58
ED治療薬の副作用を知らないので、質問に正しく返答出来る自信はありませんが、頭痛を伴わない閃輝暗点のような気がしますね。
by takeuchi-ganka | 2012-12-16 14:18 | その他 | Comments(2)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30