第19回大阪緑内障研究会 その3 (731)

お知らせ
看護師(正・准)募集します。詳細は、こちら


f0088231_22202116.jpg


基調講演 3次元乳頭傾斜解析から予測される視野の進行度
若い人の発表は、ついていくのが大変・・・・
日本人の近視は増加の一途をたどっている。25年ほど前1-2%だった強度近視も5%以上に。当然ながら、近視眼の緑内障も増加の一途・・。かつて末期まで中心視野が残ると考えられていた緑内障も、近視の緑内障には当てはまらない。ここでのターゲットは、近視の進行にともなって(眼軸の延長にともなって)傾斜する乳頭。乳頭は、傾斜+回旋する。これがどう影響するのか・・・

・年齢的に若い近視のNTGにおいては、上方視野欠損が多く、Torsion degreeと深く関連している。
  乳頭の変化:近視性・加齢性・緑内障性・・の3つ。
   構造:PPAやlamina cribrosa⇒OCTや病理検査
   形状:眼球及び乳頭形状⇒写真、OCT、MRI、乳頭周囲の形状⇒OCT
・PPA内のBruch's membrane を検討すると、加齢性変化はintact。近視性変化はLacking。富所先生の論文では、近視では欠損しているが、緑内障では下方にカーブしている。
・lamina cribrosa欠損に対応した視野欠損の報告もある:多分LC欠損が先・・。LC poreの大きさの視野障害重症度との関連。

f0088231_8485862.jpg演者の研究は、トプコンのDRIを用いて、傾斜乳頭の3次元解析。視神経乳頭周囲の断面をみて、網膜色素上皮の位置をセクター毎に解析する。視神経乳頭の傾斜と必ずしも一致しないかもしれないが・・・取り敢えずこれで乳頭の傾きを代表させる。通常、上方や下方が普通で、鼻側で高くなり、耳側で低くなる。この傾斜の強さは、緑内障眼で特に強い訳じゃなくて、実はむしろ逆・・。で、初期のNTG47眼で検討すると、多くは耳下側方向へ傾斜(θ=-9.7°)(正常眼θ=-0.2°)。32%が-7.5°セクタ、26%が-22.5°セクタ、26%が+7.5°セクタ。ただ、中心5°の4点の閾値をみると、+7.5°(耳上側)グループが最も悪い(しかも上方)。NTG162眼集めて、眼軸26mmで、強度近視・非強度近視を比較すると、強度近視は下方が悪く、非強度近視は上方が悪い(最後のほうが記憶が若干曖昧だが・・・)。

※元々の傾斜有無に加えて、近視の進行(眼球の進展・変形)によって乳頭とその周囲にストレスが加わる。傾斜した乳頭の傾斜の強さよりは、ねじれの方が、中心視野障害に関わっているらしい・・


文献
Ophthalmology. 2012 Jan;119(1):21-6.e1-3. doi: 10.1016/j.ophtha.2011.07.051.
Optic disc change with incipient myopia of childhood.
Kim TW, Kim M, Weinreb RN, Woo SJ, Park KH, Hwang JM.

Surv Ophthalmol. 2010 Sep-Oct;55(5):403-28. doi: 10.1016/j.survophthal.2010.01.002.
Tilted optic disks.
Witmer MT, Margo CE, Drucker M.

Ophthalmology. 2012 Sep;119(9):1844-51.
Optic disc torsion direction predicts the location of glaucomatous damage in normal-tension glaucoma patients with myopia.
Park HY, Lee K, Park CK.
http://www.aaojournal.org/article/S0161-6420(12)00231-X/abstract

Ophthalmology. 2013 Sep;120(9):1790-7.
Differentiation of parapapillary atrophy using spectral-domain optical coherence tomography.
Kim M, Kim TW, Weinreb RN, Lee EJ.

Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012 Mar 21;53(3):1499-505.
Spectral-domain optical coherence tomography of β-zone peripapillary atrophy: influence of myopia and glaucoma.
Hayashi K, Tomidokoro A, Lee KY, Konno S, Saito H, Mayama C, Aihara M, Iwase A, Araie M.
http://www.iovs.org/content/53/3/1499.long

Peripapillary scleral deformation and retinal nerve fiber damage in high myopia assessed with swept-source optical coherence tomography.
Akagi T, Hangai M, Kimura Y, Ikeda HO, Nonaka A, Matsumoto A, Akiba M, Yoshimura N.
Am J Ophthalmol. 2013 May;155(5):927-36

Evaluation of peripapillary tilting in Highly-Myopic Glaucoma using High-Penetration Optic Coherence Tomography
Shinichi Usui
ARVO 2012

Peripapillary Tilting and Central Visual Field Loss in Early Normal-Tension Glaucoma Using OCT Presenting Author: Shinichi Usui MD PhD
Shinichi Usui
2013 AAO

Peripapillary tilting and central visual field loss in Normal Tension Glaucoma using High-Penetration Optic Coherence Tomography Shinichi Usui
2013 ARVO
http://www.arvo.org/webs/am2013/abstract/section/glaucoma.pdf

Retinal nerve fiber layer defects in highly myopic eyes with early glaucoma.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012 Sep 21;53(10):6472-8.
Kimura Y, Hangai M, Morooka S, Takayama K, Nakano N, Nukada M, Ikeda HO, Akagi T, Yoshimura N.
http://www.iovs.org/content/53/10/6472.long
※やはり、高度近視は、papillomacular bundleが障害されやすい・・
by takeuchi-ganka | 2014-01-31 22:28 | 学会報告 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30