第406回 大阪眼科集談会 その1 (833)

f0088231_17135681.jpg
※遂に貯金!

立派な友人たちとは異なり、社会的に貢献している訳じゃないのだが、何だか妙に忙しい日々が続いている・・・。

この日は、梅雨入りしたといいうのに、爽やかな風が通り過ぎる西梅田界隈で勉強会の2連チャン。まずは、集談会へ・・

406回 大阪眼科集談会 @毎日新聞オーバルホール

1,治療後長期間生存している悪性視神経膠腫の1例 藤原望 関西医大

悪性視神経膠腫?59歳女性で、左眼の急激な視力低下でCRAOを疑われ、受診時光覚なし。眼底所見として、optociliaryshunt vesselschoroidal foldsがあったとさらっと言われたが、optociliary shunt vesselsと所見を読んだ段階で、視神経周囲を包む強膜に発生した腫瘍の存在を示唆?

※optociliary shuntvessel : 『細い血管が網膜中心静脈から立ち上がり、視神経乳頭の下耳側向ってジグザグに走行し、視神経乳頭の辺縁で消える』血管らしい・・・。網膜循環から脈絡膜循環への短絡路で、網膜静脈の流出抵抗が増加し持続すると、静脈血は脈絡膜血管系へシャントして、渦静脈へ・・・。有名なのは、視神経鞘髄膜腫。

 今回は、退形成性星細胞腫Anaplasticastrocytoma grade3⇒悪性度高い。1年以内の死亡が殆ど?

※アストログリア由来の腫瘍で、悪性度は中等度?グレード3で、3生存率60%ぐらい?

治療は、脳外科で視交叉から視神経まで切除して、眼科で、眼球と視神経切除。後療法は、デモゾロミド+放射線

2,Sticky eyelid syndrome の臨床像と病因についての検討 北口善之 大阪大

MRD/MRD2、挙筋機能、ピンチテスト(下)90%で8mm以上、M/L distraction test

下眼瞼弛緩で発症、上眼瞼下垂で重症化。CC:ショボショボ

  • Theclinical characteristics and new classification of sticky eyelid syndrome inEast Asian patients.
  • ActaOphthalmol. 2014 Dec;92(8):e667-70. doi: 10.1111/aos.12439. Epub 2014 Jun 11.
  • ChangM1, Lee H, Park MS, Baek S.


3,2-step Bending Dacryoendoscopeの有用性 三村真二 大阪医大

奥目の人にやりにくいDacryoendoscope2ヶ所で曲げた、2-step Bendingで行うと問題なく施行可。通常のものだと、26.7%が不可だったが、今回全例OK。DEPSEPSGIも可能に・・・


by takeuchi-ganka | 2015-06-09 19:31 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31