眼表面異物について (961)

眼表面異物について  (961)_f0088231_17394870.jpg
アレチヌスビトハギ?

眼表面異物について  (961)_f0088231_17125093.jpg

勉強するのは、嫌いじゃないですが、モチベーションが必要で、ただ漫然と教科書や論文を読んでも、楽しくなく記憶にも残らない事が多い。通常は、目の前の患者さんの疾患やちょっとした勉強会の話がきっかけで勉強することが多いのだが、今回のきっかけは取材依頼?メディカルトリビューン社から可愛い取材依頼が来ました。何故私のような弱小無名クリニックに・・・?と考えましたが、まあそんなことは置いといて、「結膜異物、スクラブ剤が目に入ったら」(仮題)というテーマらしい。担当者は、洗顔剤に含まれるスクラブ剤にスポットを当てたかったようですが・・

当院のような小さな診療所には、目にゴミが入った患者さんは非常に多い。中には、自覚症状に乏しくて、充血・眼脂だけなんてこともあるだろうが、一般的には、異物感、眼痛、そして充血、眼脂、かすみ・・・でしょうか。

ただ、眼科を受診されるのは、眼表面に飛入する様々な異物の中で、自然には脱落しなかった一部の異物であって、論文も教科書も、その一部について書かれている筈。自分自身の経験でも、いままで排出されなかった事はなく、眼科を受診した経験もない^^; つまり100%の排出率である。ただ、眼科に眼表面異物で受診される方は非常に多く、それは殆どが排出される筈の異物の中でも、頑固に眼表面にとどまったものということになる。飛入した異物は、角膜表面に留まる場合と結膜に移る場合があるが、文献を探すと、この問題に精力的に取り組んでおられる先生の論文を見つけたので、それを頼りに、勉強させていただきます。 『眼表面異物 松原稔 あたらしい眼科2211):150515102005

異物が入った思い、異物感を感じた時に、病院に受診すべきかどうかの自己判断はリスクが高い。異物が入って、大量の涙が出て何度も瞬きして、すぐに洗い流されなければ、すぐに眼科を受診するのが賢明。

どこにどんな異物が入ったかで症状は異なると思うので、代表的な眼表面異物を例にとってみる。

①上瞼板下溝(結膜異物の23%):1)鉄 2)植物 3)砂

医師になりたての頃、網膜の専門家であった宇山先生からこの上眼瞼の瞼板下溝(異物溝)について教えられたのを鮮明に覚えている(意外だったので・・)。それ以来、異物が疑われる患者さんが来られると、必ず眼瞼を翻転してこの溝を確認することにしている。

②上瞼板結膜(結膜異物の58%):1)鉄 2)植物 3)砂 4)スクラブ 

異物溝は有名だが、現実にはその瞼板下溝よりも瞼板結膜の方が多いらしい。異物形状にもよるが、いずれにしても、この場合、異物感・痛みは非常に強く、我慢できない・・一睡もできなかった・・なんて事も多い。点眼麻酔をしないで、そっと異物のみ摘出できると、嘘のように症状が消えてしまう。勿論、殆どの場合、異物にスクラッチされた角膜上皮障害があるのだが、そうとう深い上皮障害でなければ、異物摘出だけで、症状は消える。なお、洗顔剤に含まれるスクラブ剤のような透明な異物や結膜に刺さって一部顔をだしているような異物は、見落としがちなので注意を要する。

③角膜異物:1)鉄

ここは、鉄粉が圧倒的に多い(90%近い)。稀にそれ以外のものもあるのだが・・・。鉄は、短時間で錆が出て角膜に張り付く事が多いので、角膜異物は鉄が圧倒的に多くなるらしい。上記論文によると『鉄粉は角膜表面で涙に包まれると通気差電池を発生し、カソードで生成される水酸化ナトリウムが角膜を溶かし、その跡に水酸化鉄が沈殿して錆輪をつくる』らしい。この場合、3パターンあるようで、

  1. 小さな鉄粉で、錆輪が上皮層に限局している場合。
  2. 比較的大きな鉄粉で、受傷後24-36時間ぐらい。実質に錆輪が及びその周囲が融解していない。
  3. 比較的大きな鉄粉で、受傷後3日以上。実質錆輪周囲が融解していて、摘出が容易。

※基本的に、鉄粉はすぐ錆びるので、時間が経つと周囲に大きな錆輪ができるので、大変・・・と思って摘出に行った時に、スポッっと錆輪ごと抜けるように摘出できる場合があるが、それが③のようです。つまり、①は比較的容易だし、③は意外と容易なので、手こずるのは②。しかも、角膜中心に近ければ、後に混濁を残さないように、摘出しないといけない。錆輪除去にしばしば用いられるドリルの使用には、この点において賛否があるようです。

※もともと、取材記者が問題にしたかった、スクラブについては、スクラブ剤入洗顔料で洗顔する場合、スクラブ剤が異物となりうることを知っておくことと、それが原因の可能性が高い場合は、その旨眼科医に告げる事が必要です(眼科医もスクラブ剤が入ってるかもしれない・・・という目で見ないと見落とす可能性があるので・・)。 

マイブログから

追伸:メディカルトリビューンと言えば、こんな本書いた事があります。湖崎懐かしいね。

https://www.amazon.co.jp/%E9%9A%85%E8%A7%92%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9-%E7%AB%B9%E5%86%85-%E6%AD%A3%E5%85%89/dp/4895890937/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1472629441&sr=8-1&keywords=%E6%B9%96%E5%B4%8E%E6%B7%B3


by takeuchi-ganka | 2016-09-08 14:22 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31