ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎_f0088231_16354760.jpg

ウイルス性結膜炎_f0088231_16353886.jpg


ウイルス性結膜炎
1、流行性角結膜炎(EKC)『はやり目』
2、急性出血性結膜炎(AHC)『アポロ病』
3、咽頭結膜熱(PCF)『プール熱』

結膜・角膜を侵すウイルスには、アデノウイルス3型4型7型11型、8型19型37型、エンテロウイルス70、コクサッキーA24、そしてヘルペスウイルス1型2型など様々です。
ウイルス性結膜炎は、夏の風物詩として有名ですが、実は年中あります。そして、この3つが代表的で、必ず取り上げられますが・・・、3つ目の結膜炎は、発熱・咽頭痛に結膜炎を伴うもので、眼科より小児科を受診することが多く(多分)、また結膜炎症状も軽いので、眼科では、上記2つが代表的な結膜炎となります。梅雨前線の北上後、猛烈な暑さに伴い?、当院でも、かなり増えてきましたので、少しまとめたものをアップします。

 結膜炎ですから、結膜の炎症です。
 結膜は、所謂『くろめ』(角膜)の周囲にある『しろめ』の表面を被っている粘膜で、瞼の裏側まで被っていて、表面は涙で被われています。この粘膜にウイルスが感染し、結膜に急性炎症がおこると、結膜は、赤く(発赤)腫れて(腫脹)、表面はぶつぶつ(濾胞 )ができます。すると、涙がでる、目やにがでる、眼がゴロゴロする といった症状がでます。眼科医は、このぶつぶつ(濾胞)みたら、ウイルス性結膜炎を疑います。

各論へ移ります。

1、流行性角結膜炎(EKC)

所謂『はやり目』で、日常診療で、しばしば遭遇する結膜炎の一つです。
アデノウイルス8型19型37型が原因であることが多くて、しばしば院内感染を引き起こします。大学勤務時代、結構これに悩まされました。

この疾患は、急に目が真っ赤になる、acute red eye のカテゴリーに属し、細菌・ウイルス・クラミジアなどの感染や、アレルギーなど種々の原因によるものとの鑑別が重要になります。
片眼性で再発性ならヘルペスウイルス・・・ 
大型濾胞が円蓋部に多数なら、クラミジア
両眼同時発症で、結膜下点状出血多発ならAHC
 (簡単に鑑別できないこともありますが・・・)

症状
  自覚症状
    1、急激に発症
    2、異物感(ゴロゴロ)・充血(赤い)が主訴
    3、両眼性(片眼性でも、2-3日のうちに他眼にも)
    4、異物感は強いが、痛みは少ない。
    5、眼脂はあるが、朝、眼が開けられないほどではない。
  他覚的所見
   1、眼瞼・球結膜の中等度の充血、結膜下出血
   2、下眼瞼結膜に濾胞形成
   3、眼脂は、白色粘液状(繊維素性~漿液性)
   4、耳前リンパ節の腫脹・圧痛を伴うことも。
   5、多発性角膜上皮下浸潤
(Multiple subepithelial corneal infiltrates, MSI)(後期に発症)

診断は、このような臨床症状・所見からすることが一般的で、ウイルス学的診断を用いることはそれほど一般的でありません。
ただ、最近は、アデノウイルス迅速診断キットが数社から発売されていて、免疫クロマトグラフィー法を利用したアデノチェック、アデノキャピリアが有名で、教科書的には感度60%(日眼誌107:17~23、2003)でしょうか。メーカーは、80%? 陽性なら、予想通り、アデノウイルス結膜炎ですが、問題は、陰性の場合で、ウイルス性結膜炎を否定できないのです。
※ こういったキットの問題点は、採取したウイルス量が少ないと、判定に時間がかかったり、判定しにくかったりするし、Ad8型なら80%陽性だが、Ad3型なら30%しか陽性にならないらしい。また、間違いなく、ウイルス性結膜炎だったとしても陰性に出る場合として、
 ①発症後、時間が経過している(4日以上)
 ②結膜擦過(方法・部位)が不適切
(真っ赤に腫れあがった結膜をかなり強めに擦らないといけない・・・痛そう・・)
 ③アデノウイルス以外のウイルス性結膜炎(エンテロ、単純ヘルペス、エコー、RSなど)
などの理由が考えられる。キット販売会社には、申し訳ないですが、私のような小さな最前線クリニックでは、それほど有用性を感じることができないのです。となれば、通常は、やはり臨床症状・所見から診断することになります。

治療
 抗ウイルス剤はなく、ウイルス感染の終息は、生体免疫反応に委ねるしかない。
 二次感染予防:抗菌剤点眼
 炎症が高度の場合:ステロイド点眼

※ステロイド点眼:これについては、賛否両論・・・私は、症状緩和の為、積極的に使っています。この場合、5%ぐらい??混じっていると言われているヘルペス性結膜炎から、角膜ヘルペスへ進展する可能性を考慮にいれておく必要がありますが・・

※アデノウイルス治療薬について
1、HPMPC[ (S)-1-(3-hydroxy-2-phosphonylmethoxypropyl)cytonise] (cidofovir)
   DNAポリメラーゼ阻害作用による。
   発症前に点眼すると、発症予防可能と言われていて、院内感染や、他眼へ発症予防が可能と期待されている。アメリカでは臨床試験がはじまっていて、1%点眼液が有効らしい。
  2、ザルシタビン(ウイルス吸着阻害)
  3、硫酸化シアルイピッド(レセプター阻害)
 などが、将来期待されている。

感染予防対策(重要)

患者が学童、接客業なら、先ず1週間自宅加療

家族内感染予防
・眼分泌物はティッシュで拭取り、すぐ捨てる。
・眼を触ったら、すぐ手洗い。
・点眼は自分専用。

※アデノウイルスは、乾燥しても死なない。眼脂や涙液が付着した場所は、滅菌操作(アルコール綿で拭く)しないと、たとえ乾いた後でも高い感染性がある。
※アデノウイルス8型、19型37型なら、一般に重症で、上記のような経過を辿るが、3型4型7型11型などは、結膜炎そのものは、軽症で、咽頭炎・発熱を伴い小児科を受診することが多いと思われる。



2、急性出血性結膜炎(AHC)

 エンテロウイルス70、コクサッキーA24変異株によって起る。
   球結膜下の出血が特徴の結膜炎。
非常に強い感染力があり、学校内感染、院内感染の原因になりやすい。
 ※人類がはじめて月に着陸した1969年に突然世界的流行(アポロ病と言われたことも・・・)

    臨床所見
・短い潜伏期間 12~24時間
・異物感・流涙・眼脂・充血
・眼瞼腫脹・結膜充血・結膜浮腫
・特徴的な点状小出血斑
    
※病原体の証明には、分離培養・血清診断などがあるが、一般には行なわれていない。
※AHCは、非常に強い感染力があり、感染すればほぼ間違いなく発症する。従って、学校内・家族内・病院内で、集団発生する可能性がある。患者一人一人については、それほど重症化することもないし、1週間以内に治癒することが殆どであるが、社会的に大きな損失となることがあり、注意が必要。
※患者を診察した後は、必ず流水で洗い、ペーパータオルで拭き、汚染部位は、70%アルコールで拭いて乾燥させる。EKCと違って、乾燥したらウイルスは死ぬ。



                 急性出血性結膜炎     流行性角結膜炎
潜伏期                1日              7日
発病時眼痛             あり              なし
耳前リンパ節炎           軽度             著明
眼脂               粘液膿性~漿液性    繊維素性~漿液性
結膜出血             大多数に            時に
結膜濾胞             欠くか軽度         一般に著明
多発性角膜びらん       初期に著明         初期に欠く
角膜上皮下点状混濁       欠く             大多数に
結膜炎期間            1週間以内         約3週間




3、咽頭結膜熱

プール熱とも呼ばれ、
アデノウイルス3型4型7型が原因。
小児に多く、幼稚園・学校内での感染予防の観点から、迅速な対応が必要。
発熱・咽頭痛・急性結膜炎が3主徴(ただ、3つが揃うのは25%)
  20%は、結膜炎のみ。
  70%に発熱を伴い、30%に咽頭痛。

  臨床像
    小児に多い(特に5歳以下)
    結膜炎と同時に、または前後して発熱(39度前後)・咽頭痛
    耳前リンパ節の圧痛・腫脹あり
    結膜炎は、軽度!
     症状は、充血と眼脂。
     子供では、偽膜形成されることも。
  
 治療
     二次感染予防:抗生物質点眼
     炎症が強い、角膜上皮下混濁(+)の時は、ステロイド点眼

  ※ 本疾患は、感染後約1ヶ月糞便中にウイルスが排出される。これが、本疾患がプールで媒介される原因。結膜炎が治っても、要注意。
by takeuchi-ganka | 2006-07-15 16:50 | 結膜炎 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30