第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)

第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_11192717.jpg
☆ヌスビトハギもそろそろ終わり・・

特別講演

実臨床におけるOCT活用法:緑内障診断編  かなもり眼科クリニック 金森章泰

特殊な病院は別として、現実問題としては自分が持っているOCT(トプコン DRI OCT Triton) をどう活用して、緑内障診断に使うのか。そんな視点で、講演を聴かせていただきました。

まず、どんな時にOCTを行うのか。①緑内障が確定している場合 ②緑内障が疑わしい場合 ③なんとなく怪しいだけ ④全例に・・。どうでしょう? ①では、OCTを使う意味がない。②では、見落とし症例が多すぎる。演者は③だと。カリスマ医師Y先生の教えに従えば④なのだが、現実問題としては、④に近い③というところでしょうか。次にどんなプログラムを使うのか。①cpRNFL と、②GCC 通常この2つですが、

cpRNFL解析

要するに視神経乳頭周囲の神経線維の厚みを計測するのだが、全体的な評価(アベレージ)だけ見ても、初期変化やPPGの検出感度は高くないので、局所の変化に注目すべき。また上下の比較は有効だし、NFLDをクラスター別に解析するのも有効。ただ、細かにやりすぎると偽陽性に・・。

第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_10495026.jpg
第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_10500893.jpg

②黄斑解析

第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_10515814.jpg
解析方法は、機種によって微妙に異なるし、使ってない機種には興味がないので、ここではトプコンのDRI OCT Tritonの説明を。NFL(神経線維層)、②GCL+(神経節細胞層+内網状層)、③GCL++(神経線維層+神経節細胞層+内網状層)(=①+②) 3種類の厚み計測の解析結果が示されます。緑内障の診断に際して、非常に有用なツールとなります。この神経節細胞層を含む層の厚み(②や③)の減少が、綺麗に神経線維走行に沿って見られたら、緑内障の疑いは非常に高いと考えています。

第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_10522096.jpg

この解析結果表示は、上から①厚みマップ ②Significance Map ③各層厚数値 ④シンメトリーマップですが、③の平均値では異常と判断されていない下方のGCL+においても、Significance Mapの赤い四角は神経線維走行に沿って連続して並び、緑内障の可能性濃厚と判断されます。

※ピットフォール

  • どんな検査にも言えることだが、解析結果の判定だけ見てると誤ちをおかしやすく、生写真を見ておくことも重要。
  • 乳頭周囲網膜分離症は結構多いので注意が必要(生写真で確認すればすぐわかる)。
  • ピット、LC欠損(よく見ないと見逃しがちだし、全く緑内障と同じ所見を呈することもある)
  • 微小虚血後のNFLD(視神経には異常がない筈)

※緑内障と間違いやすい疾患

  • SSOHや部分低形成(時に緑内障を伴うこともあり、更に要注意)
  • ION (時に緑内障を伴うこともあり、更に要注意)

網膜神経線維は、大きく3つに分けられる。乳頭黄斑線維 ②弓状線維 ③鼻側線維。どの線維が障害されるとどんな所見を呈するか・・

第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_11154715.jpg
※もとの図はHoganの教科書から

  1. 軽度の視神経炎後の乳頭黄斑線維束の障害
  2. 下垂体腫瘍により視交叉圧迫し、交叉性線維である鼻側網膜からの線維が障害
  3. 視索症候群:右眼の視索の障害なら右眼の非交叉性線維(耳側網膜からの線維)と左眼の交叉性線維(鼻側網膜からの線維)が障害される。
  4. 逆行性シナプス変性:脳梗塞で後頭葉の障害があれば、逆行性シナプス変性が進行して、OCTで半盲側に対応するGCCの菲薄化が見られる。(☆下の図参照)
第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_10594674.jpg
第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_11000560.jpg
















第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_11103194.jpg
第20回京阪沿線眼科勉強会 その2(1042)_f0088231_11110444.jpg


by takeuchi-ganka | 2017-09-16 11:20 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31