第28回日本緑内障学会 その4 (1050)

f0088231_10010644.jpg

その4

一般口演09

機能と構造2/Function and structure2

O09-1

ハンフリー10-2視野検査点の対応部位での緑内障眼の網膜内層厚の測定再現性 Reproducibility ofthickness measurements of inner retinal layer at retinal locationscorresponding to 10-2 visual field test spots in glaucoma

10-2の測定点に対応する部位のGCCは、RGC displacement すると相関高くなる(特に中心4点)。※フォローアップ機能の(+)(-)は関係ない?むしろ(+)で再現性下がる?また中~後期になると菲薄化するのでsegmentationが上手くいかない・・

O0902

中心10度視野測定点の視神経乳頭マップのstructure-function relationshipからの検証 Mappingthe Visual Field to the circumpapillary retinal nerve fiber layer in theCentral 10 Degrees 藤野友里(東大)

10-2の各測定点のTDcpRNFL厚の中で、Garway-Heath マップから中心10度視野に関連があると思われる乳頭黄斑線維束水平線上下150度の範囲の各点の厚みの関係を解析して、10-2の各測定点とcpRNFL上の対応角を推定したら、Hoodの報告とほぼ同じ。東大の発表はいつも難しくて・・・

※この論文の図を参照しました。

f0088231_09501260.jpg
O09-3

en-Face Swept Source OCT画像による網膜神経線維層欠損角度の新規解析方法 Measurementof the retinal nerve fiber layer defect angle using en-face OCT image capturedby swept-source OCT instrument 遠藤拓弥(東北大)

トプコンのDRI OCTのワイドスキャン(12×9mm)画像から算出したRNFLD角度が有用で、定量ソフトを開発。勝手に作った図ですが、多分こんな感じで角度を自動測定?再現性高くて、病期とも相関。半視野別でも相関すると。できたら、トプコンさん、次回バージョンアップで搭載してほしいな・・・深さ方向の情報もあるので、眼底写真より有用だと・・・。


O09-04

Investigatingthe structure-function relationship using Goldmann V standard automatedperimetry in glaucoma patients 松浦将人(東京大)

cpRNFL厚とHFA視野(ⅢorⅣ)の関係だが、指標をⅢからⅤに変えても、機能構造関係の改善(-)


by takeuchi-ganka | 2017-10-15 10:03 | 緑内障 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31