第2回アイリスの会 その1 (1075)

f0088231_22570102.jpg
守護神復活!


たまにしか患者さんを紹介しないのに、行っていいのかなあ・・・と思いながら、気になる病院なので、第1回に続いて、出かけてきました。ミナミのこのホテルは、ちょっと遠いような気もしますが、実は駐車場の入り口にさえ迷わなければ、阪神高速に乗れば15分とかからない便利な場所なんです。マイカーにチョット火を入れて・・・

2回アイリスの会

1,当院における全身麻酔と鎮静 北方秀憲

この鎮静の話で出てきたのが、プレセデックス。多分、皆が言ってた、使いやすくて、暴れそうな患者さんには、これでチョット寝てもらって安全に手術ができる薬ってこれなのかな。α2作動性鎮静剤で、「集中治療における人工呼吸中及び離脱後の鎮静」だけでなく、「局所麻酔下における非挿管での手術及び処置時の鎮静」の適応を有している・・・ので、眼科でも重宝しているようです。呼吸抑制のリスクが少なくて、意識下鎮静が得られる。白内障手術にも使っている人がいるようです。気がついたら、手術が終わっているって、いいのかな?

2,裂孔原性網膜剥離と術後視機能 木下大賀

演者は、どうやらC5C6あたりの神経根がヘルニアで圧迫されて苦しんでいるらしい。数年前、骨棘が同部を圧迫して苦しんでいたので、気持ちはよくわかります。さっさと手術すればいいのにね・・・。良くなりましたよ(^^)

RRDといっても、特に黄斑部が半分剥がれたようなケース。ビトでもバックリングでもいいのだが、網膜が復位すれば、視力・網膜感度・網膜厚などが改善するが、歪視の改善はイマイチ・・・・という話。特にそれを何とかできる訳ではなさそう・・。まあ、なるべく剥離が黄斑に及ぶ前に手術するしかない。

3,E-DCR809例の検討 大江雅子

この茶髪の可愛い子誰かな・・・と思っていたら、大先生だった・・・^^; それにしても、ものすごい症例数。内視鏡して、チューブ入れて、治癒すればいいけど、無理ならDCR。つまりE-DCR。対象を慢性涙嚢炎に絞った発表。現在ほとんど鼻内法で行っていると。鼻外法・鼻内法それぞれ欠点・利点があるが、鼻内法もその欠点を補えば、十分良好な成績が得られる。鼻外法と異なり、術後の腫れが非常に少ない。ここまで達人になると、従来の教科書的な記載はあまり当てはまらない?閉塞部位は2つあり、総涙小管(15%)と鼻涙管(85%)。問題はこの総涙小管閉塞の方のようで、涙嚢側から内総涙点が見にくい?従来禁忌と言われていた涙嚢前壁切除を併用すると視界が広くなり良好な成績だと。ビデオは不調だったが・・・

DCRに対しては、従来かなりネガティブな印象を持ってたが、この先生の洗練された術式なら、もっと積極的に手術すすめてもいい気がする。

4,新しい多焦点眼内レンズ Mini Well Readyの初期成績  福岡佐知子

多焦点眼内レンズも日々進歩している。チョット進歩すると、かつてスポットライトを浴びていた、IOLは比較対象として、実は問題の多いレンズだと言われはじめる。近視手術もそうだが、これがいいですよ・・・と言われても、にわかに信じられない事が多いのだが、今回の発表は、新しいイタリアの多焦点IOL, Mini Well Readyについて。このIOLは、中心部分に正の球面収差・その外側に負の球面収差・最外層に単焦点レンズを配置した構造。原理はすぐには理解できないが、球面収差を利用した遠中近が見えるIOL。グレア・ハロも少ない。Symphonyよりも近方視力良好。ただ、どんな患者さんが対象なのか知らないけど、近くみるのに老眼鏡がいる事が結構あって、それに不満で、全体として満足度が高くないらしい。老眼鏡かけたくない人が、ほとんど白内障もないのに手術受けているのかなあ・・

http://www.cmc.gr.jp/pdf/180306_miniwell.pdf#search=%27Mini+Well+Ready%27

http://tanemem.com/chiryo/other/tashouten/pdf/multilens.pdf

5,当院での病診連携について 平野亜希代

白内障・硝子体・涙道・眼形成・緑内障・・・含めて、年間5000件近い手術数。手術件数も凄いけど、多岐にわたっているのが更に凄い。私は、多焦点IOL希望の人や涙道閉塞の患者さんを何人か紹介したことがある程度だが・・・。

※緊急紹介連絡先ってのもあるらしいが、平日5時まで、土曜正午まで。あとはどうすればいいのだろう・・・


by takeuchi-ganka | 2018-06-27 22:58 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31