第425回大阪眼科集談会 その1 (1087)

f0088231_14000329.jpg
そろそろ海が恋しい・・

1,全身麻酔後に眼窩内骨膜下血腫を認めた1例 野間沙樹 大阪市大 

25歳女性の子宮頸管縫着術後の全麻終了(抜管)時に激しい咳嗽があり、両眼眼瞼浮腫・結膜下出血・眼球突出、右眼視神経乳頭上方に出血。眼圧24/18、ヘルテル19/19MRIすると、左眼窩上壁に骨膜下血腫。視力・眼圧は問題ない。血腫増大を危惧して、視神経保護目的で、ステロイドパルス3日、グリセオール400点滴も3日・・

※眼窩内静脈瘤も疑われたが否定。

※両)眼窩内圧上昇⇒左)眼窩内骨膜下血腫?チョット論文検索すると、絞頸でも生じているようなので、抜管時の激しい咳嗽で一過性の眼窩内圧上昇でもあり??いわゆるバルサルバ法による静脈圧上昇の結果の血腫?

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjast/30/1/30_9/_pdf/-char/ja

『絞頸により眼窩内骨膜下血腫を認めた 例』の中では、『充血性で頭蓋内圧の急激な上昇により眼窩内骨膜下の血管の破綻をきたし,前頭骨と眼窩骨膜の組織が脆弱な部分に血腫を形成することで起こる.バルサルバ法やスキューバダイビング後,縊頸後に認めた報告があるがその報告数は少なく,症状が乏しく見逃されている可能性がある.』と記載されていて、これに似ている気がするが・・

※血腫ができた後は、orbitalcompartment syndrome。急激な眼窩内圧が上昇して、緊急減圧しないと、眼球に不可逆的なダメージが生じる事態。今回はそれほどでもない・・?

2,圧迫性視神経症をきたした眼窩内diffuselarge B-cell lymphoma2例 渡邊敦士 大阪大

眼窩腫瘍全体の1015%がリンパ腫で、眼窩内悪性腫瘍の中で最も多い。その殆どが非ホジキンB細胞リンパ腫で最も多い。その6割がMALTリンパ腫(低悪性度)で、ついで多いのが3割ほどを占めるびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL急速に増大することがあるらしく、提示症例のような圧迫性視神経症のリスクあり。こんなのもorbitalcompartment syndrome

症例1は、67歳男性で、右眼視力低下・右外眼筋腫脹、ステロイド点滴・内服で視力改善。

症例2は70歳男性で、左眼視力低下、白内障手術で改善しないで、鼻性視神経が疑われたが、眼窩尖端部に腫瘤。DLBCLの診断がついて化学療法行い視力改善。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

急性増悪をきたした眼窩びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の三症例、村重高志

眼科臨床紀要 (1882-5176) 96Page489-493(2016.06)

背景:眼窩におけるびまん性大細胞型B細胞リンパ腫diffuse large B-celllymphoma (DLBCL) の報告は多くないため、3例の治療経過を報告する。症例:症例182歳の女性、症例282歳の男性で、病理組織学的所見と全身検索から両症例とも右眼窩原発DLBCLと診断した。症例373歳の男性で、DLBCLの既往があったため、両眼窩に再発したDLBCLと診断した。症例1は治療前に腫瘍の急速な増大により失明に至った。全ての症例において免疫染色でCD20の陽性所見を認めたため、rituximabを中心とした化学療法を施行したところ、症例12では腫瘍は消失し、症例3では腫瘍は縮小した。結論:眼窩DLBCLは急速に進行し眼球圧迫により失明の危険性が生じるため、迅速な病理組織診断とその結果に基づいたrituximab併用化学療法を行う必要がある。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3,ステロイドパルス療法を行った、巨大な脈絡膜肉芽腫の1例 小林崇俊 大阪医大

41歳男性。左眼黄斑部に10DD以上の径の黄色斑。脈絡膜の腫瘤だけでなく、網膜下にも・・。多数のリンパ節腫大があり、生検してサルコイドーシスの診断確定。ステロイドパルスや内服で改善。視力も(0.04)⇒(0.9)まで改善。※網膜下の所見は網膜色素上皮過形成後の線維化。

OCT所見:『比較的均一な低輝度の脈絡膜内占拠性病変を認め,それは脈絡膜内に存在し強膜·網膜には浸潤する像を認めない病変として観察された』 このケースでは、STTAで治癒。


by takeuchi-ganka | 2018-08-09 14:00 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30