第29回日本緑内障学会 その12 (1105)

f0088231_18393371.jpg
ススキを見にゆく途中のダム湖の紅葉


S9-3 Association between myopiaand glaucoma 近視と緑内障の関係を考える 赤木忠道 京都大

近視は、発症のリスクファクターであり、進行のリスクファクターではない?急速に進行するものと、そうでないものがある。提示症例は、両眼高度近視の緑内障で、右眼は進行し、左眼は進行しないケース。進行するものは、眼圧を下げても進行したり・・・。この左右差って何?かつてβPPAと呼ばれたものが、βとγに分けられるようになり、β(ブルフ膜あり)が広いと緑内障になりやすくγ(ブルフ膜なし)は近視とのみ関連していて、緑内障とは関係ない。先の症例は、βもγも右眼が広かった。

f0088231_18464694.jpg

篩状板は、近視(特に高度近視)でも、緑内障でも薄い。また篩状板部分欠損は緑内障で多くて、非高度近視眼においては、DH既往・視野不良・易進行性眼に多い。つまり、大きなマイナス要因。 高度近視で乳頭に変形があれば、進行しやすい?でも、高度近視緑内障の解析で、非進行群の方が篩状板部分欠損が多かったりも(秋田大・澤田)するようで、話はそう単純ではない。

 乳頭周囲・乳頭内循環障害OCTAで見られる深層の循環。PPAの血管脱落。β・γ・時にαにも及ぶ。これがあると進行速い。DHの既往。篩状板部分欠損多いなど、近視と濃厚な関連(+)。また乳頭周囲血管脱落と乳頭内血流脱落は密接な関係。血流支配はともにSPCAだから?近視が進行してγが広がると血流障害に関連。

※近視と眼圧は?子供だけでなく、成人でも眼圧は眼球の大きさに影響している。


S9-4 Oxidative stress andglaucoma 酸化ストレスと緑内障 谷戸正樹 島根大

病理病態学的研究における酸化ストレスの概念は,「生体内の高分子(脂質,蛋白質,核酸)が,酸化還元反応(電子引き抜き)により修飾を受け,その機能が変化すること」

酸化ストレスの評価:フリーラジカル分析装置 FREE

http://www.wismerll.co.jp/products/free_carrioduo/index.html 

これによって、抗酸化能の定量が手軽に可能。緑内障(POAG/PE)で低下し、眼圧上昇・視野進行群で更に低下している。POAG遺伝子ハイリスク群で、血中ビタミンCE低下。酸化ストレスは様々で、POAGでは酵素的酸化がメイン?

島根大の発表から:前房水中の酸化ストレスマーカー(SOD1, SOD2)を測定し,フリーラジカル解析装置を用いて血清中の脂質過酸化物量(dROM),鉄還元能(BAP, チオール抗酸化能(SH)の測定を行い、⇒ 緑内障患者では,前房水中の抗酸化酵素活性が上昇し,血液中の抗酸化力が低下しているBAP (鉄還元能)値は前房水中の酸化ストレス度および眼圧を反映している可能性がある。76万個の線維柱帯細胞があり、年に6000個づつ減少しているが、これが酸化ストレスで減少が加速して、眼圧上昇に?またPOAGPEで線維柱帯細胞のDNA損傷(酸化亢進)

 

治療として、抗酸化サプリメント:ビルベリーエキスと海岸松樹皮エキス(これはMitrogenol という名のサプリメントが、海外ではLife ExtensionEye Pressure Supportして売られている。これって参天製薬のサンテグラジェノックスと同じや。)を飲ませると、高眼圧症で眼圧下がった?!ラタノ単独に追加して眼圧下がった?!・・と報告あり。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2874276/ 演者も、iCareHomeを用いて、前述サプリの影響をスタデイ途中らしい。眼圧が下がった症例があると・・・(本当かなあ・・・。でも、このスタデイの結果次第では、参天製薬のグラノジェノックスの使い方を真剣に考えた方がいいのだろうか・・・)

https://www.lifeextension.com/Vitamins-Supplements/item01514/Eye-Pressure-Support-with-Mirtogenol


by takeuchi-ganka | 2018-11-09 18:50 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31