第48回 関西医科大学眼科同窓会 春の勉強会 その8 (1148)

第48回 関西医科大学眼科同窓会 春の勉強会 その8 (1148)_f0088231_08194575.jpg

特別講演

難治性網膜硝子体疾患への挑戦 日下俊次 近大教授

最近引っ張りだこの先生のお話。ビデオ中心の難しい網膜硝子体手術を披露してくれました。最新の網膜硝子体システム:2527Gシステム、カニューラ使用、ワイドアングルレンズ、シャンデリア、コンステレーション(アルコン)、ステラリス(ボシュロム)、術中OCT(眼で見えない孔がわかる・・)、Head up surgery・・・などを駆使。

https://www.bausch.co.jp/-/m/BL/Japan/Files/Downloads/Consumer/Surgical/stellarisPC_catalog.pdf 

  • 術中OCT
  • Head up surgery

  1. アルコン社のHDRビデオカメラ搭載型眼科用映像システム「NGENUITY® 3D ビジュアルシステム」
  2. ツアイス社の4Kカメラ内蔵の手術顕微鏡システム(若干latency あって気になる?)

術式:

  • Inverted ILM flap
  • Autologous retinal flap

https://bmcophthalmol.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12886-018-0898-8

retinal flapを、意図したところに落ち着かせるのが難しそう・・

コーツ病:硬性白斑、異常血管、無血管野・・・・・

※ http://www.e-tjo.org/viewimage.asp?img=TaiwanJOphthalmol_2018_8_4_222_247477_f6.jpg 

※進行したコーツ(StageⅣ)でも、手術して、完全失明、眼球摘出を回避可能。

未熟児網膜症:牽引性網膜剥離なので、網膜上増殖膜切除、牽引解除・・・・。非常な苦労を強いられる手術だが、結果は、なんとか杖をついてでも歩き回れるのが、復位(50%)が得られた症例の3分の1ぐらい。ただ、光覚の有る無しは大きい。パーフルオロカーボンを12週間留置したりも。

※抗VEGF投与(アバスチン・ルセンティス・・)で活性化した網膜症を沈静化。過剰な光凝固をしなくてすむ?光凝固による近視化を防げる。ただ、再燃あり、経過観察重要。何度も注射していいかどうかは不明。

https://www.healio.com/ophthalmology/pediatrics-strabismus/news/print/ocular-surgery-news-asia-pacific-edition/%7B364dccd7-85c8-4baf-8f4f-f5606de789df%7D/stage-3-ropvegf 

※血清中VEGF濃度低下をまねく危険性がある。アバスチンよりルセンティスの方が軽い。

RAINBOWスタデイでは、光凝固より優れていると・・。今後はルセンティスが第一選択。

Morning Glory. Syndrom(朝顔症候群):視神経乳頭部の孔。くも膜下腔の圧によって、その孔から吸い込まれたり・・・。手術困難・・

FEVR:進行してしまうと手術困難。

ノリエ病


by takeuchi-ganka | 2019-06-06 08:21 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31