第30回 日本緑内障学会 その15(1178) 須田記念講演

第30回 日本緑内障学会 その15(1178) 須田記念講演_f0088231_14361826.jpg

緑内障学会もチョット飽きてきた。

須田記念講演は、チョット風変わりな切り口の講演。あまり興味がわかない・・・・^^;


須田記念講演

広島から見た緑内障の危険因子 The view of glaucoma risk fromHiroshima

木内良明(広島大)

英語で話始められたので、一瞬退出しようと思ったが、英語は挨拶だけだった^^;

1,広島・原爆・放射線の影響に関する話題から

原爆は広島のほぼ中心に投下された。広島医専は、爆心地から1.5km。大学関係者は、たまたま疎開できていて人的被害はなかったが、建物は当然全滅。広島市内の原爆の影響を小さくできたエリアがあったのは比治山の影響があるらしい。新しい現在の広大病院は、陸軍被服廠の跡に。比治山の頂上には、放射線影響研究所があって日米共同経営らしい。なんとなく人体実験的な印象が・・・。被爆者がどんな状況で被爆・どんな影響があったかを詳細に調べる。その影響は早期のものと晩期のものがある。早期は、急性放射線症候群(Acute Radiation Syndrome:ARS)。吐気・嘔吐が初期診断に重要。癌や循環障害などの晩期障害もある。

https://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/11/dl/s1112-7a.pdf#search='%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A+ARS' 

現在も調査は継続中で、Adult Health Study。そのひとつが白内障の調査。後嚢下混濁が有名だが、被爆線量にともなって白内障増加。糖尿病網膜症も増加。甲状腺・肝臓・子宮・白内障・高血圧・・・・・も上昇するのだが、何故か緑内障低下?本当?

DBA2/jマウス(高眼圧自然発症緑内障マウス)での乳頭障害が、10GyRGC死抑制(骨髄移植して死を抑制)、そこで3.6GyでもRGC死抑制できることを照明した。放射線が緑内障に有効なの?

広島長崎でスタデイを行った(参加率59%・・チョット少ない)。眼圧・FDT・眼底写真・・異常があれば広大・長崎大。診断基準もほぼ多治見と同じ。結果は、開放隅角緑内障はやや多めだが、ほぼ多治見に近い結果。眼圧が高い緑内障(狭義POAG)は、被ばく線量大きいと減少したが、NTGは逆に少し多い。つまり発生機序が異なる?

 緑内障発生メカニズムの論争として『血管vs機械』があるが、NTGは循環障害要因が強い可能性があり、放射線による血管障害と関連有り?循環器内科領域では、被ばく線量に応じて脳梗塞や虚血性心疾患の発症が多い。循環障害の評価としては、FACDILDVLSF・・・は使えないので、CRAE/CRVEを利用(視神経乳頭から0.51.0DDの円内の血管の平均的太さ)。血流増加で太くなる。炎症で太くなり、加齢で細くなる・・。緑内障では?細くなるらしい。緑内障は、加齢と共に増加するが、NTGのみが被爆線量に応じて上昇し、血管は細くなる(静脈)。病期が進行すると細くなる。喫煙者は静脈太く、喫煙量増加で更に太くなる。10年中止して、やっと普通の太さになると。

※長崎の患者さんは広島より細い。長崎(プルトニウム)、広島(ウラン)だが、そのため?

BMIについて:NTGの人低い。BMI低いとNTGになりやすい?推論だが、低いBMILow CSFNTG

2,在米日系人医学調査「ハワイ-ロサンゼルス-広島スタディ」

広島・山口・熊本から大量の日本人が、さとうきび畑で働くためにハワイに渡った。18851994の間に29084人(広島・山口)。耐糖能弱い日本人が、ハワイに渡って、食生活が変化した時の研究が行われた。Japanese-Americanの耐糖能は、日本人とコーケシアンの中間だった。その調査団に加わった眼科の報告だが、緑内障はBMI低い。韓国の調査でも、緑内障はBMI低いと報告。エネルギー摂取少ないと緑内障なりやすい。

※広島ならではの切り口なのだろうが、チョット理解し難いというか、ピンとこないお話でした。


by takeuchi-ganka | 2019-10-22 14:38 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31