巨大乳頭性結膜炎(giant papillary conjunctivitis (GPC)) (1222)

巨大乳頭性結膜炎(giant papillary conjunctivitis (GPC)) (1222)_f0088231_14584970.jpg
琵琶湖の朝陽

コンタクトレンズユーザーが、最近よく曇るとか、すぐコンタクトレンズがずれる・・・などと言ってくるとまずこの疾患を疑うし、結果GPCである確率がかなり高い。勿論、かゆみ・眼脂なども伴うことも多い。


巨大乳頭性結膜炎(giant papillary conjunctivitis (GPC)) (1222)_f0088231_15040253.jpg

従来型SCLの時代は多かったのだが、頻回交換SCLになってから、この疾患は減った筈なのだが、現実はどうなのだろう。疫学調査の結果は知らないけれど、最近ちょっと増えている気がする。しかも、中には、ワンデイを使っている筈なのに、結膜所見がGPCだったりして、「本当に毎日交換してますか?」と質問することもしばしばである。患者さんは時に真実を語らないことがあるが、結膜は嘘をつかない? 流石に、自分のクリニックで処方した患者さんで、GPCを発症した記憶はない。

 原因は、コンタクトレンズに付着した汚れによる免疫反応と考えられているので、コンタクトレンズ装用を中止させて、抗アレルギー剤の点眼を基本として、時にステロイド点眼を併用する。コンタクトレンズ装用中止が基本なのだが、若い女性の場合、中止に抵抗する人も多くて、治療上問題となる。どうしても、中止できない場合は、姑息的な対応だが、ワンデイを使うこともある。

 基本は完全に結膜がきれいになってから、コンタクトレンズ再開を許可している。再発することも多いので、頻回交換の場合は、擦り洗いをしっかりするように指導し、できればワンデイにしましょうとか、この際コンタクトレンズやめたら・・・・などとささやくことも。


by takeuchi-ganka | 2020-07-21 15:04 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31