近視進行抑制眼鏡 (1258)

 

近視進行抑制眼鏡 (1258)_f0088231_11051578.jpg

ハゼラン?


近視進行抑制に関して興味を持ってから、まとまった話を聞くたびに、ブログに記録してきたが、主だったものだけでも、9本ほどあった。もっとあるかもしれないけど・・

 

1.      https://takeganka.exblog.jp/1233215/ 近視治療について

2.      https://takeganka.exblog.jp/11335226/ 眼科に関するQ&A その1(近視) (367)

3.      https://takeganka.exblog.jp/14973512/ 第3回眼科臨床クイックレビュー その3 (500)

4.      https://takeganka.exblog.jp/15145423/ 第379回大阪眼科集談会 その3  (505)

5.      https://takeganka.exblog.jp/29969271/ 第36回大阪市眼科研究会 その3 (1085)

6.      https://takeganka.exblog.jp/30367234/ 眼科スタッフ教育講座 近視進行のメカニズムと近視進行抑制治療 その1 (1114)

7.      https://takeganka.exblog.jp/30371713/ 眼科スタッフ教育講座 近視進行のメカニズムと近視進行抑制治療 その2 (1115)

8.      https://takeganka.exblog.jp/32124022/  NHKスペシャル 超近視時代 (1246)

9.      https://takeganka.exblog.jp/31326952/ 第437回 大阪眼科集談会 その5 (1228) 「低濃度アトロピン点眼による近視進行抑制」

 

 

最近の『あたらしい眼科』で、いつも気にしている長谷部先生の文章を読んでいたら、近視進行抑制眼鏡がワンランク進化していたので、ちょっとまとめてみます(殆ど自分の為ですが・・)。

薬物治療・コンタクトレンズ装用・眼鏡装用など、様々な方法で近視進行を抑制する試みが行われてきて、どの方法もイマイチだなあ・・・と感じていました。20数年前に開業した頃は、怪しげな近視回復・・・なんとかの話をよく聞きましたが、流石に最近は聞かなくなりました。(ちょっと検索するとまだ存在していました。びっくり・・・)

近視進行抑制というなら、小学校低学年ぐらいから始めないと意味ないでしょうし、その年令の子供の眼鏡装用はそれなりにハードルがあります。しかも通常の累進屈折力レンズに近い眼鏡なら、上手く装用を続けるのは更に高いハードルがあり、その割に効果がイマイチなら、ちょっと勧めにくい。MiSightというコンタクトレンズは日本発売されてないようだし、オルソケラトロジーレンズは、値段もリスクも高そうで好きになれない。話題の薬物治療(低濃度アトロピン)は、本当に日本人に有効なのだろうか・・・。そんな全ての治療に懐疑的な私でも、このHOYAの新しい眼鏡は、今までとひと味違う・・・・・気がする。

(高校生の頃、開幕前のスポーツ新聞の定番記事は、一味違う今年の田渕でしたが・・^^;

 

1.      累進屈折力眼鏡:progressive addision lenses (PAL)

近視抑制 28%(1年)、20%(2年) 眼軸長抑制18%(1年)、14%(2年)

MyoKids(カールツアイス)

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33673218/ 

近業時の網膜後方へのデフォーカス(調節ラグ)が近視進行(眼軸長延長)のトリガーなので、近視進行予防の為に、+1.52.0D加入した累進屈折力眼鏡を装用させるのだが、子供のメガネをみたらわかるが、歪んだりズレたりしていることは日常茶飯事で、なかなか理想的な装用環境を維持することが困難な上に、かなり頑張って装用させても効果がイマイチだった・・・。

 やがて、近視進行抑制は、低濃度アトロピンが主役になり、多くのクリニックで、実際行われているようだが、どうも日本において、非常に有効であるという話は耳にしない。ちょっと興味が薄れていたのだが・・・

 

2.      DIMSレンズ眼鏡:defocus incorporatedmultiple segments (DIMS)レンズ眼鏡

   近視抑制 52%(2年) 眼軸長抑制62%(2年) ※MiyoSmartHOYA社)

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31142465/ 

https://kyodonewsprwire.jp/release/202205060845

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35464151/

この眼鏡レンズは、中央にクリアゾーン、その周囲に直径1mm屈折力+3.5Dの微小レンズ400個をハニカム状に配置。この時、既にdefocus incorporated soft contact (DISC) レンズ(MiSight, CooperVision社)が発売されていて、遠用部と+2.0の近用部が同心円状に配置。このコンタクトレンズを眼鏡に応用したものらしい。正面視しているときに、正面から入った光だけでなく、眼を動かしても、あるいは周辺から入った光も、全て、二重焦点を持つことになる(一つは近視性デフォーカス)。結果、眼底全体の網膜に対して、近視進行(眼軸長延長)のトリガーを作ることがない・・・らしい。

 

   近視抑制 67%(1年) 眼軸長抑制64%(1年)  Stellest lensEssilor社)

複雑な構造となってきて、非球面微小レンズを同心円状に配置。基本原理は同じようなものだが、HOYAより若干優れている?

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33811039/ 

――――――――――――――――――――――――――――――――

MiyoSmartHOYA社)⇒

https://assets.markallengroup.com/article-images/245968/Miyosmart%20lens.jpg 

Stellest lensEssilor社)⇒

https://evershineoptical.com.sg/wp-content/uploads/How-Stellest-works-2048x1095.jpg 

①と②の比較https://progressive-glasses.com/essilor-stellest-vs-hoya-miyosmart-what-is-the-difference/ 

――――――――――――――――――――――――――――――――

このDIMSレンズ眼鏡の近視抑制効果はかなり画期的ではないだろうか。まだ日本発売されていないようだが、効くかどうか怪しげな低濃度アトロピンによりも期待したい。

 

3.      バイオレットライト透過型レンズ眼鏡

    近視抑制 7%(2年) 眼軸長抑制4%(2年)

    ※サブグループ解析で眼軸長抑制21%。あまり期待できないかな・・
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34830743/ 

 

4.      低光線拡散レンズ眼鏡

ON双極細胞の興奮が眼軸延長のトリガー。それを抑制する眼鏡?

これも、あまり期待できなさそう・・・

 

これからは、DIMSレンズ眼鏡の時代?低濃度アトロピン併用したら完璧??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


by takeuchi-ganka | 2022-07-26 11:07 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31