NEW POST

第5回大阪眼疾患セミナー その2(1225)  抗VEGF薬のバイオシミラー

第5回大阪眼疾患セミナー その2(1225)  抗VEGF薬のバイオシミラー_f0088231_14414531.jpg

講演Ⅱ:VEGF薬のバイオシミラー どのように使えばいいのか 森隆三郎 日本大学

第5回大阪眼疾患セミナー その2(1225)  抗VEGF薬のバイオシミラー_f0088231_14451581.jpg

バイオシミラーって、要するにジェネリック薬品なのに、こんな扱われ方するのだろう・・・・キサラタンのジェネリックが、こんな演題になるなんてありえないけど。要するに先発品ルセンティスと同じもので、値段が安いだけ?

  • 網膜色素上皮の上に病変が存在する、Type2MNVRAPラニビズマブ
  • 網膜色素上皮の下に病変が限局する、Type1MNVPCVはアフリベルセプト

PCVの一部はラニビズマブでもよくて、進行したRAPはアフリベルセプトがいい?

ラニビズマブBSは、ルセンティス(ラニビズマブ)と同じように使えばいいように思うのだが・・・。未治療症例では、ルセンティスと同様の結果だったようだが、ドライ状態でスイッチしても、ウエット状態でスイッチしても、悪化することがある。(まあ多分同じ薬効の薬剤に変更しただけなので、意味があるようなないような・・) ドライスイッチの結果悪化したとしたら、スイッチしなくても悪化したのでは・・?

※高度近視に伴うMNVでもラニビズマブとアフリベルセプトの使い分けは、AMDと同じような基準で判断していいみたい。


by takeuchi-ganka | 2023-01-21 14:45 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30