第452回 大阪眼科集談会 その1 (1229)

第452回 大阪眼科集談会 その1 (1229)_f0088231_18443241.jpg

 

1 蝶形骨病変を合併したIgG4関連疾患の1

〇林 有紀、北口善之、西田幸二(大阪大)

医者になってそろそろ40年。昔は、欠片も聞いたことのない疾患が多くなったが、この疾患もそのひとつ。

IgG4関連疾患: https://www.nanbyou.or.jp/entry/4505 

『免疫異常や血中IgG4高値に加え、リンパ球とIgG4陽性形質細胞の著しい浸潤と線維化により、同時性あるいは異時性に全身諸臓器の腫大や結節・肥厚性病変などを認める原因不明の疾患である。』

病変は多臓器に及び、障害された臓器によって様々な臨床症状を呈する。各科の医師は、常にこの疾患を念頭において、『各種自己抗体の存

https://www.nichigan.or.jp/Portals/0/resources/member/guideline/IgG4.pdf 

眼科では・・涙腺・唾液腺腫大(痛みを伴わない)が有名で、かつてミクリッツ病と呼ばれていたものが、IgG4関連眼疾患。

症例は、52歳女性で、両眼涙腺部腫脹、涙液分泌も減少。血液検査で、IgG4高値、涙腺生検で、IgG4陽性で診断がついたが、問題は、蝶形骨病変。

第452回 大阪眼科集談会 その1 (1229)_f0088231_18413893.jpg

 ステロイド治療によって改善したが、骨病変も改善したので、骨病変もおそらくIgG4関連疾患病変。


by takeuchi-ganka | 2023-02-20 18:46 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29