NEW POST

「ⅰPS細胞を用いた視機能再建」 万代道子 先生(神戸アイセンター病院)(1234)

「ⅰPS細胞を用いた視機能再建」 万代道子 先生(神戸アイセンター病院)(1234)_f0088231_18154672.jpg

<特別講演> 

「ⅰPS細胞を用いた視機能再建」万代道子 先生(神戸アイセンター病院)

網膜色素変性症の視機能を再建したり、その進行を阻止できるのだろうか。

iPS細胞を用いて、様々な発生段階の網膜組織が調達可能になってきた。生体に近い構造を持つ3次元網膜オルガノイドを用いた網膜再建の試み。これによって移植組織が、長期にわたって生着可能に・・

※オルガノイド:『試験管の中で幹細胞から作るミニチュアの臓器。幹細胞の持つ自己複製能と分化能を利用して、自己組織化させることで3次元的な組織様構造として形成される。』(京都大学iPS細胞研究所HPから)

 移植網膜オルガノイドの視細胞が成熟して①ホストとシナプスを造り②ホストのRGCの光に対する反応が回復するか③がポイント。

「ⅰPS細胞を用いた視機能再建」 万代道子 先生(神戸アイセンター病院)(1234)_f0088231_18095673.png

※住友ファーマのHPから

  1.     移植された視細胞の成熟
  2.     ホスト網膜とシナプス形成
  3.     ホストのRGCの光反応が回復(ここは電気生理学的に判断)
  4.     動けるようになる

一応、この4段階がマウスの実験では確認されているらしい。サル眼での実験でも、移植部位の網膜は、視線が回復しているらしい・・・。そして、次はヒトへの臨床応用

自分のiPS細胞を培養して作成した神経網膜シートを切り出しての移植から、次のステップ(他家移植)

網膜色素変性症の患者さんに、京都大学 iPS 細胞研究財団の臨床用 iPS 細胞ストック(QHJI01s04)を用いて、住友ファーマで委託製造された同種iPS細胞由来網膜シートを移植。これが生着するか、安全性に問題ないか。


硝子体手術して、網膜シートを網膜下に最大3枚移植。

   67歳女性 ②42歳男性

特に異常増殖とかはなく、生着した。視力視野に変化なく、症例1では、判読できるアルファベット文字数が少し増えた。FSTテストでは、症例1で改善。症例2で悪化・・・・

※劇的な改善も悪化もないということ?重度視機能障害の評価法では症例①で改善あり。移植による視機能改善の可能性(+)

https://www.diagnosysllc.com/wp-content/uploads/2022/02/Diagnosys-FST-Brochure-e.pdf 

  • 安全性に問題がなければ、次のステップへ(有効性の確認)
  • より大きな網膜オルガノイド、複数枚移植
  • 低免疫原性の為、複数回(両眼)移植も可能に・・
  • 移植網膜オルガノイドの視細胞が(?)、ロゼットを形成するが、これを解消できないか・・
  • より効率的なシナプス形成ができないか・・。双極細胞が邪魔?ISL1-/-マウス ES/iPS 細胞由来網膜組織なら、より効率的・・・

   https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/88004/32632_Dissertation.pdf 

この文章は、この分野の流れを理解するのに非常に役立つ。

・ホスト双極細胞の活性化は?

・黄斑形成はできるのか・・

まだまだ問題山積だが、日本の優秀な頭脳集団は、少しずつ問題を解析してiPS細胞を使った再生医療を現実的なものにしているようです。


by takeuchi-ganka | 2023-03-06 18:16 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31