NEW POST

固定された記事
寛ちゃんお疲れ様

寛ちゃんお疲れ様_f0088231_17322755.jpeg

私は他人より少し時間をかけて医学部に入ったせいで、眼科に入局した時、彼より少し年上だったが、彼は最初からとんでもなく優秀だった。あれから40年・・

彼が小さな頃から真面目にコツコツ勉強していたのは間違いないと思う。特段遊びもせず、日々勉強し続けてきたのだろう。彼にとってそれは当たり前の日常で、それほど苦痛ではなかったのかもしれない。他大学出身の私は知らないが、彼の学生時代の授業ノートは、ある意味どんな教科書よりも優秀で、伝説的なノート(カンマト)となり、何世代か後輩にも受け継がれていたと聞いたことがある。当然のように首席で卒業し、眼科へ入局してきた時、既に有名人だった。首席に贈られる特別な時計も持っていた気がする。

個人の感想だが、彼はいつも何でも知っていた。いつどこでどれだけ勉強すればこんな人間になれるのだろう・・・と何度驚かされたことか。彼の書き上げるカルテは、先生のお手本のように、美しくて間違いがないものだったので、私は密かにコピーして持っていた。第1回の眼科専門医試験では全国で2番だったらしいが、当時の教授は彼の成績が優秀で驚いたのではなく、彼より成績のいい人がまだ一人いると驚いていたらしい・・。

初めて当直をした時だったか、彼と一緒に急患が到着するまでの間、本を読んで準備をし、いざ異物をとる時になって、何でも完璧な彼の手が軽く震えていたのを楽しい思い出として記憶している。日々の診察、勉強、学会発表、論文執筆、サルを使った実験研究、電子顕微鏡の標本づくり、電子顕微鏡の操作の仕方、写真の読解・・・・いったどれほど彼の世話になってきただろう。一度、サル眼にキセノンランプを照射する時に、間違って彼に当ててしまった事があった。もう少しで、有望な若手医師の未来を奪うところだった^^; サル眼のFAGを撮る時、何度補助してもらっただろうか。きっと私だけではなく、多くの医局員が、様々な場面で世話になってきた筈。皆忘れてないよね? 

当時の教授は、当然ながら、彼の優秀さを知っていて、重要課題はまず彼に与えていた。あまり羨ましくなかったが、海外の学会へも若い頃からよく連れて行かれていた。最初はイスラエルだったかな・・。当時、老人性円盤状黄斑変性症と呼ばれていた疾患は、やがて彼のライフワークとなり、症例をまとめては発表して論文にし、関連した基礎研究も行って、発表して論文にする。そんな日々を積み重ねるうち、助手・講師・助教授・そして現在のポジションに。専門分野では、彼を知らない人はいない筈。我々はそんな彼の歩みを当然の出来事のように見ていた。当時、自学出身の教授を生み出すのは、なかなか至難の業だったが、卓越した能力は楽々と高いハードルを乗り越えて現在の地位に。

同級生だからなのかもしれないが、彼はどんなに偉くなっても、偉そうな態度を私にとった事は一度もない。たった一度だけだが、結婚する前、今の奥さんを可愛いやろ・・・って、自慢したことがあるけど。

寛ちゃんお疲れ様_f0088231_17452238.jpg

還暦を過ぎ、そろそろ引退の年齢が近づいて来て、大きな学会の主催し、日眼か臨眼で特別講演・・・などの花道を歩く彼の姿を、私は勝手に思い描いていたのだが・・。体調崩して、残念だが、ちょっと早めに退官となってしまいました。

ただ、入局以来40年、彼ほど、医局に貢献し、医局員・同窓会員のために尽くしてくれた人間はいないと思う。皆何か忘れてないか? 長年教室の為に働き続けた彼が、この3月末で退官ですよ。同窓会員の皆さん、彼にお世話になった事を忘れていませんか? 彼の体調が万全なら、ロイヤルの一番大きな部屋を同窓会員でいっぱいにして、退官記念祝賀会を行って欲しいですが、それが叶わない事ぐらい理解しています。でも、体調が悪くなったからと言って、彼の40年の実績が消えるわけじゃない。それなのに、このエンディングはないでしょう。私は、どんなにお礼を言っても足りないほど、世話になったと思うけどなあ・・・。塚原・宇山が築き上げた同窓会システムって、こんなものなのか・・

先日、国道1号と第二京阪のちょうど中間ぐらいに位置する、ちょっとした丘の上にある彼の自宅を訪ねてきました。庭に水仙が咲き、大きな檸檬が沢山実っていました。以前煎餅好きだったのですが、最近甘いものが好みと聞いたので、私の嫁の好物でもある堺の芥子餅をぶら下げて、ご機嫌伺いしてきました。突撃訪問だったのですが、玄関先で20分ほど立ち話。今度はくらわんか餅か高麗餅でも持っていこうかな・・

因みに今日は三木『助教授』の命日です。

寛ちゃんお疲れ様_f0088231_10183154.jpg


Commented by タコ at 2024-03-29 18:53 x
いいお話を聞かせて頂きました。私も64歳となり、東○病院で、白○先生にオペを両眼して頂き、早32年。
オペ前は22〜3で夜上がるタイプでした。
現在PSDも96%、MD値も-2〜/-2.5で初期の状態を今のところ維持しています。
色んな方に助けられ、運よく同級生だった小学校時の友が東○病院の緑内障外来にいたという幸運もあり、名医に巡り会えました。

当時は目薬の種類も少なく、今は10〜16前後です。
北澤克彰先生からは視野欠損の兆候があれば迷わずオペをお勧めしますと、岐阜大からわざわざお手紙を頂きました。
今でしたら、良い目薬があるので、オペも感染症の少ないMIGSとかで対応したかな。と今の担当医は言ってました。

30年の月日で目薬は格段の進化を遂げましたが、緑内障は唯一のエビデンスが眼圧みたいですが、眼圧<視野。血流とか血圧と言われてますね。眼圧が高くても、視野が悪くない人もいるみたいで、未だ謎の多い病気ですが、頑張って行くしかないと、改めて思っています。先生、いつもありがとございます。
by takeuchi-ganka | 2024-03-27 17:46 | Comments(1)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31