天界 純米吟醸ひやおろし

 島根の天界がなくなります。天界酒造は、2006年11月、皆様に惜しまれながら150年の歴史を閉じました。もちろん2007年の新酒はないのです。

天界 

 天界は島根県の酒蔵です。250石ほどの非常に小さな酒蔵ですが、とっても丁寧な造りと評判の蔵です。ただ、少量生産なのに人気が高いので、すぐ売り切れになってしまい、入手困難な酒のひとつでした。入手困難でも、頑張ればなんとか入手できたのですが、なんと、昨年11月閉鎖を余儀なくされたようなのです。
小さな蔵ですが、吟醸酒を中心にほとんどの造りが特定名称酒で仕込まれ、手造り・少量仕込・こだわり仕込み・氷温ビン貯蔵など、細かい所まで神経の行き届いた非常に丁寧な造りを行っている数少ない蔵元と聞いています。丁寧な造りで、真っ当な酒を提供し、人気もあって、将来を期待されていただけに、この蔵の閉鎖は、この業界が抱える矛盾を痛感させられます。税金を投入するべきだと言う気はないですが、この蔵が実践していた基本に忠実な酒造りというのは、ある意味日本の伝統文化そのものです。無駄な税金の使途を目にするにつけ、真っ当な零細企業が僅かなお金の確保もままならず、消えていく現実はいたたまれません・・・皆、過酷な環境の中で頑張っているのです。我々は、一滴も無駄にすることなく味わいたいものです。
 この小さな蔵は、100年以上の歴史のある蔵だそうです。島根県安来市にあり、創業者の吉兵衝さんが、京都宇治黄檗山、萬福寺の高僧より「天界」という名をいただいたそうです。なんとなく、仏教色のある名前ですよね。安来といえば、『どじょうすくい』の安来節しか知らない私でしたが・・・この最後の機会を逃さないように、天界 芳醇超辛 純米酒、天界 純米吟醸 ひやおろしを1本づつ用意しました。先日、ひやおろしを試飲?しましたが、あっさりとして、まだちょっと味のりしていない印象でしたが。控えめの香り、バランスの取れた味わい、のど越しもうよくて、すいすい呑めます。すぐなくなっちゃいました。次回は、必ず燗して呑みます。こんなこともあろうと、2本仕入れたのです。

天界 純米吟醸ひやおろし 720ml
原料米 五百万石 精米度 55% アルコール度 15.0~15.9%

天界 純米吟醸ひやおろし_f0088231_143735100.jpg

by takeuchi-ganka | 2007-03-03 14:38 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31