ヒノキ花粉

 スギ花粉がほぼ終息し、3月下旬からヒノキ花粉が飛散しています。花粉症最大の原因は、勿論スギなのでしょうが、ヒノキも馬鹿にできません。例年、桜の開花と同時期にヒノキ花粉が飛散するようです。花見に行くと花粉症状が出て、私は桜花粉症かしら・・・なんて思っている方、多分ヒノキですよ。もっとも、最近の天気予報は、ヒノキ花粉情報も提供しているようなのですが。
 大阪府下の計測地点で、ヒノキ花粉が2桁になったのは、今年は、3月26日(月曜)です。この日は、最高気温 18.7℃ 、最低気温 7.2℃。快晴でした。その前の1週間が寒かったのに、25日からぽかぽか陽気だったと記憶しています。この日以降かなりの量のヒノキ花粉飛散が続いています。そして、4月2日には公衆衛生研究所(東成区)で194個を記録しています。つまり、3月26日以降、或いは、4月2日以降に発症・悪化している花粉症は、ヒノキが原因と考えられます。
 梅の時期がスギ、桜がヒノキと覚えればいいでしょうか。
 昨年は、桜が満開の4月8日に500個近いヒノキ花粉の大量飛散がありました。まだまだ注意が必要です。
by takeuchi-ganka | 2007-04-04 10:25 | 結膜炎 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30