後期高齢者医療制度

 後期高齢者などという、国民を愚弄するにもほどがある下品なネーミングの、新しい医療制度が始まりました。75歳以上を他の保険システムから切り離して、独立採算?。老人の面倒は老人がみる?保険制度の理念に反する暴挙?のようにも思えます。国民全体で支え合うからこそ、保険制度は成り立つものだと思っていました。1割負担と言いながら、病院にかかればかかるほど、やがて保険料に跳ね返ってくる。このことで、じわじわと痛みを感じさせて受診抑制を達成しようという小賢しい役人主導の究極の医療費抑制システム。自分達の既得権益には全く踏み込まないで、こて先の言葉をもてあそび、詭弁を弄し、国民を欺く。このままでいい?
  asahi.comによると春の園遊会で、天皇陛下は、年金保険料の納付記録がない人への支給の可否を判断する年金記録確認中央第三者委員会の梶谷剛委員長に対しては、陛下は「日本の復興を支えた人たちが安らかに過ごせるようにね」と激励した・・・・そうです。園遊会で、非常に数多くの人に、かくも適切な発言をされていることに、本当に敬服します。
  ところが、役人どもは、一方で、湯水のように公金を無駄使いし、他方で日本の復興を支えてきた老人の僅かな年金から保険料をむしり取る。加えて、その年金支給額は、極めて怪しいことは、昨今の社保庁の報道からも明らかなのに・・・。役人どもが、国民ひとりひとりの為に働いていないことは明らかです。
  我々の意見を反映するには、どうすればいいのでしょう?一度、その役人どもと長年つるんできた与党を政権から引き剥がせばいいのでしょうか。小沢さん。あなたらそれが出来ますか?
by takeuchi-ganka | 2008-04-20 17:17 | その他 | Comments(0)

大阪市旭区にある竹内眼科医院です。開業医も日々勉強。


by takeuchi-ganka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30